格安スマートフォンの中でも一番人気といわれているASUS ZenFone5を使うのであれば【DMM mobile】データSIMプラン業界最安なので最有力だと思います。どのプランを選択しても業界最安値をうたっており、データSIM,通話SIMプラン共に使用できる容量が細かく設定できるのもプラスポイントになると思います。

ASUS ZenFone5

DMM mobileをオススメする3つの強み!

①業界最多プラン+全プラン業界最安値
②安さだけでなく安定した回線品質
③毎月の請求額の10パーセント分をDMMポイントとして還元してくれます。

どんな角度から見ても一番安い!

契約する理由としては①番だけで終了してしまいそうな気がしますが、料金がとにかく安いです。データSIM1GBなら月額660円ですし,通話SIMプランにしても1260円と破格です。さらに契約容量も1GB,2GB,3GB,5GB,7GB,8GB,10GBと他者と比べても非常に豊富です。

自分は毎月2GBあれば十分と言う人も3GBからしかプランがないという企業もあります。本当は2GBで十分なのに3Gbで契約するわけですから実質1GB損している事になりますよね?

DMM mobileなら契約プランが豊富だからしっかりと必要な量だけの契約が出来るので、最安値なのに実質ではありますがさらにオトクになる可能性もあるという事なんです。

 1GB  2GB 3GB 5GB  7GB  8GB 10GB
データSIMプラン  ¥660 ¥770  ¥850  ¥1270  ¥2040  ¥2140  ¥2250
 通話SIMプラン  ¥1260  ¥1470  ¥1550  ¥1970  ¥2740  ¥2840  ¥2950

安かろう悪かろうでは意味がない!

いくら安くても安定した回線でなければ使いづらいだけで意味がありませんよね。安定した回線そして通信速度だって欲しい人も多いと思います。

一般的に75Mbpsを下回る低速のサービスになると安かろう悪かろうになって今のスマホの快適さは失われるそうです。逆に225Mbpsは1つの高速通信の目安となっています。またDMM mobileの回線は安心のDOKOMO/LTEとなっています。

最後の一押しポイント還元だってしてくれます

OOK82_gurafuwoyubisasu20131223500

意外と侮れないのがポイント還元です。毎月のご請求額の10パーセントをDMMポイントとして還元してくれるのは結構大きいですよね。例えば月に2000円使ったとすれば200ポイント還元してくれる事になります。一年平均してこの金額を使うと考えると2400ポイントになるわけですから、それなりの金額になります。もちろんこれは計算上のお話ですし、使えば使うほどオトクというと誤解があると思いますがこのポイント数は侮れないですよね。

そもそも安くなくては格安スマホにする意味がない!

格安スマホ,MVNOにする一番の目的は安いということだと思うんです。ドコモ,ソフトバンク,AUどのキャリアを選択してもかけ放題+通信費定額で7000円以上は当たり前だと思います。

沢山通話したりゲームしたり動画見たりするヘビーユーザーであればまだしも、大抵の人はそれほどスマホを使わないですし、通話なんて1日単位に直すと本当に短い時間しか話してない人が大半です。いざ長時間の通話をしようと思ったらラインやスカイプ,カカオなどのアプリを使用すればできない事はないということを考えるとキャリアの携帯でないと嫌だと言う人以外であれば誰でも安く出来るチャンスはあると思います。

1GBでできること!

料金を究極に安くしようと思ったらやっぱり契約は1GBになってくるわけですが、それでは「1GBだとどのくらいのことができるの?」気になってくる部分だと思います。一ヶ月どれくらい使用しているかはスマートフォンをお使いの方であればご自分のスマホでも確認する事ができますので合わせて一緒にご覧いただければ思います。

1日あたり平均
インターネット利用  30分以下
 LINEやメールのやり取り  50通程度
 動画の閲覧  しない

イメージとしてはインターネット利用は通勤通学などにニュースチェック,ツイッターの閲覧に投稿などを軽くする程度でメールに関しては会社や友人との連絡は頻繁にする。パズドラやモンストを始めとするオンラインゲーム(ソーシャルゲーム)などはしない。動画閲覧も基本的には見ないと言う感じです。

ご自宅や会社などにwifi環境があれば話は大きく変わってきます。wifiがあるところでは制限なく使いたい放題ですから使う場所さえ考えれば1GBでも十分に足りると思います。私はこのタイプなのでゲームも動画閲覧などもしますが、自宅でしか基本的にしないので1GBでも十分です。

超過してもバースト機能で最低限の利用も可能!

ギリギリのGBで契約していると超過してしまった・・・と言う事もあると思います。通常超過した場合は制限が掛かり200kbpsの低速通信となってしまいますが、DMM mobile では低速状態でもはじめの一定量だけ高速通信をおこなう「バースト機能」があるので万が一の時も最低限の利用は可能なのです。バースト機能の一定量を時間に直すと3秒程度とのことですが軽いメールの受信や送信くらいなら出来そうですし、たしかに最低限の利用は可能かもしれません。

もちろん超過してもお金を払えば100MB200円で使う事が出来ますし、1Gbで契約して使い切らなかった際に余った分は繰り越し可能となっているので、調べてから購入すれば超過してしまって低速になるという事もあまりないかもしれませんね。

最後にデータSIMプランに解約金はありません!

DSCN0860

何気に重要な部分なのですが、データSIMプランであれば解約金はありません。縛りがないのは何より嬉しいですよね。業界最安値である現在で考えると辞める理由はあまり見当たりませんが、今後もっと良いところが出てきて「移りたい」という時にも解約金がないのは身軽ですし嬉しいですね。

まとめ&コメント!

格安スマートフォンの中でも一番人気といわれているASUS ZenFone5を使うのであればDMM mobileがお値段的に最有力というお話をさせていただきました。携帯端末をお持ちでない方は一緒に購入する事も出来ますので安心ですよ。

格安SIMを選ぶ一番の理由は金額と言う方も多いと思います。選ばれる企業によって特色があるので一概には言えませんが、DMM mobile】データSIMプラン業界最安という事を考えると間違いなく候補には入ってくると思いますのでチェックしておいて損はないと思います。