家電量販店の福袋の中身がネットやツイッターの投稿などで続々と発表されていますね。今年は予想に反してビッグカメラが一番の大当たりと珍しく言われていてアップルの福袋「Lucky Bag」も去年と比べてハズレでもそこそこの価値があったりと予想が外れた方も多いのではないでしょうか?

スポンサーリンク

ビッグカメラが今年は大健闘!

大方の予想に反して今年はビッグカメラが大健闘です。なかでも1万9800円で販売されていたiOSの福袋に最新のiPad mini 3が入っているなど、激アツの内容に。ライバルであるヨドバシカメラは、3万円で販売した福袋が「iPad mini 3」でしたので、同じ商品にも拘らず1万円もの差がついてしまっています。この他にもビックカメラ windowsタブ 10インチからはSurface Pro 2+キーボードなど圧勝と見ている意見がとても多いです。

もっと問題なのはヨドバシカメラの福袋は当たりと予想している人が多く前日の早い時間から並ばないと購入出来ない店舗が多かったそうですが、ビッグカメラは逆に期待されていなかったので当日のお昼に行ってもiOSの福袋が購入できた店舗もあったそうで、なんとも後味の悪い結果になっています。

プラスに考えれば今年はビッグカメラは過去最高益を記録し、株価も上昇したそうなので消費者にも還元してくれたと言う形でしょうか。来年以降も売り上げが好調であれば今年のように当たりが多い福袋に変身する可能性もありますので侮れないですね。

ヨドバシカメラは前回よりも微妙な商品が多かったそうです!

MS251_eibunsicamera500

ビッグカメラが好調な裏側で今年は期待を裏切る形になったヨドバシカメラ。先ほどお話したiOSの福袋の中身は値段的に考えれば当たりの部類かもしれませんが、ビッグカメラのお値段を聞いた後だと、どうしてもハズレの気分になってしまいますよね。国内PCやコンパクトデジカメの夢5000円などは毎年安定のハズレですし、屋号に「カメラ」が入っているのにも拘らず一眼レフ デジカメ30000円以外は微妙なラインナップが多かったり厳しい内容でしたね。

去年までが凄すぎたせいもあって期待もされていたので、その結果不満を口にする人が多い結果になってしまいましたが、当たりの商品もチラホラあったようですし、来年はリベンジして欲しいですね。

appleの「Lucky Bag」はハズレが軽減?

毎年当たれば凄いですけど、ハズレも凄いというのがappleの「Lucky Bag」。しかもネットで予約購入などはなく新年から行列に並ばないと買えないとても厳しい福袋ですが、今年は今までと違いハズレの代表だったiPod nanoに変わりハズレでもiPod touchとAppleTVが入っているようです。

その他に関しても大当たり Macbook air,中当たり iPad air2,小当たり iPad mini 3と言う感じだったそうですので例年に比べるとハズレのダメージが軽減されています。お値段的に考えると合計で最低でも6万~7万円くらいの中身との事で、欲しくなかったら当然ハズレなんですけど普通に考えると「当たりの部類に入るのでは?」と個人的には思います。

でも良い話ばかりでなく、ハズレのグレードが上がった分、「大当たりの個数が例年に比べて減っているのでは?」と並んで購入した人からの投稿もあったりと難しい結果になっているようですね。大当たりの本数が多いほうが良いのか?ハズレが軽減された方が嬉しいのか?は人それぞれだと思いますが、今年は差を小さくした結果平均的な感じになっているようですね。

まとめ&コメント

皆さんは家電量販店などに限らず福袋を購入されましたでしょうか?管理人ユウはいつも迷うのですが貧乏性なので迷って終わりのパターンが多いです。それにどちらかと言うとオトクよりも欲しい商品を安く購入する方が好きなのでどうしても新年初売りのほうが手が出やすいです。

今年はもう福袋購入できないですし、来年こそはネット経由でチャレンジしたいと思ってるんですけど、外れたときの事を考えると中々踏み出せないんですよね(笑)

スポンサーリンク